UbuntuでRailsアプリケーションを動かすため環境設定

はじめに

サーバをレンタルし、Railsアプリケーションを動作させるまでの環境設定メモ。

1. さくらのVPSを申請

以下のプランでひとまず申請。ここからスタート。
プラン:さくらのVPS(v4) SSD 512 TK02

2. カスタムOSインストールでUbuntu 14.04をインストー

さくらのVPSHTML5コンソールで設定を進める。

help.sakura.ad.jp

作成したユーザでsshログイン。ここからはsshで設定を進めていく。

3. ひとまずapt-getを最新化

$ apt-get update
$ apt-get upgrade

4. 編集用にvimを入れよう

$ sudo apt-get install vim

5. zshにしよう

$ sudo apt-get install zsh

6. zsh設定ファイルを準備

〜〜後ほど〜〜

7. sshdの設定

--- snip ---
#Port 22
Port XXXXXX #(49152〜65535)
...
#PermitRootLogin yes
PermitRootLogin no
...
#X11Forwarding yes
#X11DisplayOffset 10
X11Forwarding no
$ sudo service ssh reload

8. ufwを使ってiptableを設定

Ubuntuufwというiptableラッパーを使ってファイヤーウォールを設定する

http://babie.hatenablog.com/entry/20110220/

9. 他にも入れる

$ sudo apt-get install git
$ sudo apt-get install tmux

9-1. git用に鍵を設定

$ mkdir .ssh
$ cd .ssh
$ ssh-keygen

10. rbenv, ruby-build,ruby のインストー

$ sudo apt-get install build-essential
$ sudo apt-get install libssl-dev
$ sudo apt-get install -y libreadline-dev

rbenv, ruby-buildをgitでインストールし rbenvのPATHを.zshenvに記述

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
$ echo '' >> ~/.zshenv
$ echo '# rbenv' >> ~/.zshenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.zshenv
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.zshenv
$ source ~/.zshenv
$ rbenv -v

$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

rbenvで好きなバージョンのrubyをインストー

$ rbenv install -l
$ rbenv install 2.3.0
$ rbenv global 2.3.0

11. mysqlをインストー

$ sudo apt-get install mysql-server
$ sudo apt-get install libmysqlclient-dev

ここまで来れば、あとはRailsアプリケーションを立てて動作させるのみ